滑らかな肌合いと色が、鳥の卵の殻に似ている事から命名されました。
機械鳥の子と区別をして、手漉き鳥の子を「本鳥の子」と称します。
現在では、多彩な色を揃えています。