抄紙した和紙を、繰り返し手で揉んで雛をつけます。
和紙の持つ柔らかさを、より良く引き出し、立体感を持たせています。