時計の役割を、時間を刻むハードとは固定せず、
アクセントパネルとして壁に掛けてみる。
居住区間において、さまざまなインテリアと調和し
壁の一部に溶け込む、和紙ならではの温もりのある時計です。